価値ある上質なエッセンスを取り入れ、心豊かな人生を。

Japan Brand Collection

名門料理店 宮城県 東北

うなぎの東海亭

更新日:

HOME > 名門料理店 > うなぎの東海亭

HOME > 宮城県 > うなぎの東海亭

うなぎの東海亭

北上川を望む絶景の古民家で
老舗の鰻を味わう至福

 視線の先には北上川の雄大な流れと広い空。「そろそろかな…」と、待つ時間も愉しい。ここは、宮城一との呼び声も高い鰻の名店〈東海亭〉。同店の創業は明治8年。当時この周辺地域ではタレ焼きした鰻を食べる習慣がなかったために、本場静岡の職人を招聘したことが店名の由来となっている。

 身の厚い鰻を白焼きにして蒸し、130年以上の歴史を重ねた秘伝のタレをつけて焼きあげる自慢の逸品は、「蒸し」が関東風で、甘めのタレは関西風。米は地元である登米市中田町産のササニシキ、タレに使っている醤油も地元の老舗「ヤマカノ醸造」のものを使うのがこだわりだ。現在は5代目店主がその味を守り、遠方から訪れるファンも多い老舗である。

 どこか懐かしく、そして洗練された和モダンな店舗は、山形県鶴岡市内の築130年に及ぶ米穀店の蔵だったもの。それを平成18年に移築し、リノベーションしたものだ。自然豊かな登米の里山風情にもよく馴染んでいる。白壁に天然木のコントラストが美しい店内には、民芸家具や骨董品がセンス良く並べられ、訪れるゲストの目を愉しませてくれる。

 うな重にうな丼、白焼きや蒲焼。どれにしようか迷ったときは、ご飯の下に細かく切った鰻が入る二段重はいかがだろうか。また、ご飯の大盛が無料というのも、太っ腹で嬉しい配慮である。

 さらに、例年5月から10月ごろにかけては、北上川で採れる希少な天然鰻も味わえるので、その貴重な味もぜひお試しを。

 2021年7月、宮城県内の三陸沿岸道路が全線開通し、宮城県内へのアクセスも一段と良くなった。さらに、NHKで放送されている朝の連続ドラマ「おかえりモネ」では、登米市と気仙沼市がロケ地となっていることから、同店にも全国からたくさんのお客様が訪れている。そのため、鰻が無くなることもあるので、確実を期すにはどうぞご予約を。

店舗情報

うなぎの東海亭


住所 宮城県登米市登米町寺池九日町46
電話番号 0220-52-2023
営業時間 昼 11:00~14:00
夜 17:00~19:00(完全予約制)
平均予算 昼、夜 4,000円〜
定休日 月曜日(祝日は営業、火曜定休。月・火が祝日の場合は水曜定休)

※昼は、鰻が無くなり次第終了とさせていただきますのでご了承ください。

※感染症対策により営業時間は変更になる場合があります。詳しくはお問合せください

※本文中や写真説明に記載のある価格は全て税込み価格になります。また、価格は予告なしに変更されることがございます。詳しくはお問い合わせください。

-名門料理店, 宮城県, 東北
-

Copyright© Japan Brand Collection , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.