価値ある上質なエッセンスを取り入れ、心豊かな人生を。

Japan Brand Collection

プレミアム食ブランド 九州 大分県

かぼすブリ

更新日:

HOME > プレミアム食ブランド > かぼすブリ

HOME > 大分県 > かぼすブリ

かぼすブリ

美味しさと安全を追求し
大分県が生んだ冬限定の人気ブランド魚

 大分県ではブリの養殖が盛んで、全国2位の生産量を誇っている。特に臼杵市や津久見市、佐伯市で生産されるブリは、豊後水道の恵まれた環境で育てられることで身が引き締まり、脂ののりも良く、すでに「豊の活ぶり」として全国で売り出されている。

 2010年から大分県内の養殖場で生産を始めた〈かぼすブリ〉は、大分県特産のカボスを餌に混ぜて育てることで「味良し、香り良し、見た目良し」と、3拍子揃った美味しさが特徴。特に血合いの部分は、通常の餌を与えた養殖ブリより最大で40時間も長く鮮やかな状態が継続し、気品のあるさっぱりとした脂はいくらでも食べられると好評だ。

 もともとブリは、切り身にした瞬間から血合い部分が徐々に変色し始めることから、その見た目の悪さが影響して、まだ美味しく食べられるうちに商品価値が落ちてしまうという問題を抱えていた。それを解決するため、大分県の農林水産研究指導センターが研究を進めたところ、抗酸化作用を持つポリフェノールやビタミンC等が豊富に含まれるカボスを餌に添加して与えることで、血合い部分の変色を抑え、さらにはさっぱりと臭みの少ない肉質になることが分かったのだ。

 こうして〈かぼすブリ〉は、臼杵市や津久見市、佐伯市で養殖され始め、今では大分県産の人気のブランド魚として、全国のスーパー等でも気軽に買えるように。

 10月末から翌年3月末の出荷時には、魚体を締めたあと直ちに海水氷で60分間冷却して鮮度保持し、トレーサビリティー体制を整え、いつでも生産履歴をたどることができるため安心だ。

 「養殖ブリ」と「カボス」という、大分県を代表する2つの特産品のハイブリットともいえる〈かぼすブリ〉。大分はもちろん、全国の消費者へ向けて、生産者の挑戦は続く。

店舗情報

大分県漁業協同組合

住所 大分県大分市府内町3-5-7
電話番号 097-534-1522
営業時間 8:30〜17:00
定休日 土曜日、日曜日
ホームページ http://www.pride-fish.jp/JPF/pref/detail.php?pk=1400746031

-プレミアム食ブランド, 九州, 大分県

Copyright© Japan Brand Collection , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.