価値ある上質なエッセンスを取り入れ、心豊かな人生を。

Japan Brand Collection

京都府 名門料理店 近畿

京都 喜Shin

更新日:

HOME > 京都府 > 京都 喜Shin

HOME > 名門料理店 > 京都 喜Shin

京都 喜Shinきしん

ひと皿に向けた情熱が芸術へと昇華
イノベーティブというフレンチの革命

 京都市北区金閣寺に程近い高級住宅地に、美麗な京町家が現れる。ここは“皿の上のアーティスト”と絶賛されるオーナーシェフ・樋口伸治氏が腕を振るうイノベーティブフレンチ〈京都 喜shin〉である。

 同氏はプリンスホテル、グランドハイアットや門司港ホテル等、数々の名門で総料理長等を務め、ゲストの心に響く感動の食を提供してきたプロフェッショナルだ。2018年に自身の集大成として同店をオープン。京都のみならず全国の美食家たちを唸らせている。

 料理のコンセプトは京懐石と分子料理、フレンチを絶対的な相性と味を追求した唯一無二のイノベーティブ=どこにも属さない革新的なもの。和でもないフレンチでもないフレンチの革命なのだ。

 素材は京都を中心に美味あらば全国、世界へと目利きを行う。毎日契約農家から運ばれる野菜は無農薬を中心に使用。肉や魚介さらに野菜は、食す瞬間を鑑みて最高な状態で提供できるよう徹底的に鮮度管理を行っている。

 例えば人気のスペシャリテ料理である“鮮魚のカルパッチョ辛子酢味噌とシャンパニューのソース”は、当日〆た刺身と3日寝かせた熟成刺身をひと皿に。時間差で調理することにより双方の深い味わいを愉しめる絶品だ。さらに追求しているのは火入れと塩加減。火入れは秒単位、塩はミクロ単位で全く違うものに変化し、繊細で最もテクニックが試されるとは樋口氏の言葉。氏のこだわりは、器やパンにも。器は信楽の窯元菱三陶園に焼いてもらっていたり、ベーカリー専門シェフが在籍し料理に合わせたパンの提供をするということだ。

 35年の料理人人生。フレンチをベースに、和食や他のジャンルの技法を取り入れ、新しいアートを作り上げる。美味しく美しい料理を追求して進化しているのだ。極上イノベーティブフレンチへの挑戦は、まだまだ続く。

店舗情報

京都 喜Shin

住所 京都府京都市北区衣笠西御所ノ内町37
電話番号 075-432-7734
営業時間 Lunch 11:30~15:30(L.O.14:00)
Dinner 17:30~22:00(L.O.20:00)
平均予算 Lunch 6,000円
Dinner 15,000円
定休日 不定休
ホームページ https://kyoto-kishin.jp

-京都府, 名門料理店, 近畿

Copyright© Japan Brand Collection , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.