価値ある上質なエッセンスを取り入れ、心豊かな人生を。

Japan Brand Collection

名門料理店 神奈川県 首都圏

仏蘭西料亭 横濱元町 霧笛楼

更新日:

HOME > 名門料理店 > 仏蘭西料亭 横濱元町 霧笛楼

HOME > 神奈川県 > 仏蘭西料亭 横濱元町 霧笛楼

ふらんすりょうてい よこはまもとまち むてきろう
仏蘭西料亭 横濱元町 霧笛楼

東洋と西洋が出会い生まれた絶品の“横濱フレンチ”
横浜の歴史と共に在り続ける老舗レストラン

 大佛次郎の小説『霧笛』の舞台となった元町百段坂ふもと、洗練された白亜の洋館。開港当時に人気だった港崎町遊郭の料亭『岩亀楼』をイメージした佇まいの〈仏蘭西料亭 横濱元町 霧笛楼〉は、第22期横浜マイスターを受賞した今平茂氏が織りなす独自の“横濱フレンチ”を愉しめる老舗レストラン。内装や調度品・器に至るまで、異国情緒溢れる古き良き横浜の世界観を再現すべくこだわりの空間作りを追求した。1階はレストラン&バー、2階は個室、3階はバンケットルーム。趣の異なる部屋を、利用シーンに合わせてお選びいただける。

 同店は“横濱フレンチ”を提供するために、3つのコンセプトを守り続けている。1つ、「和魂洋才」。優雅でエレガンスな西洋の雰囲気を感じていただきながら、気取らずに日本の心でフランス料理や空間を提供する。2つ、「温故知新」。本場フレンチの技法に学び、素晴らしい和の出汁文化や先人の教えに真摯に向き合い、日本ならではの季節感を大切に口の中で渾然一体となる一皿を目指す。3つ、「地産地消」。食材を活かすポイントである“新鮮さ”、とりわけ野菜は収穫から調理までのタイムラグを出来るだけなくし、地元の畑で採れる新鮮な食材を多く使用する。それら高品質な野菜をメインに据え、主張しやすいバターや生クリームは控えて新鮮なオリーブ油をベースにしたメニューを構成した。ゲストの健康を気遣いながらもメリハリの利いた味つけを両立し、最後まで愉しめるよう工夫している。

 かつて新しい文化を柔軟に受け入れてきた横浜のように、その土地の風土や人、街の影響を受けて時代と共に変わっていく“横濱フレンチ”という答えを導き出した同店。クラシカルな雰囲気の中で、正統派でありながら進化し続けるフレンチを味わえる贅沢を、是非ご堪能あれ。

店舗情報

仏蘭西料亭 横濱元町 霧笛楼

住所 神奈川県横浜市中区元町2-96

電話番号 045-681-2926

営業時間 Lunch 11:30~14:30(L.O.)
Dinner 17:30~20:00(L.O.)

平均予算 Lunch 5,000円
Dinner 12,000円

定休日 月曜日不定休

ホームページ https://www.mutekiro.com

-名門料理店, 神奈川県, 首都圏

Copyright© Japan Brand Collection , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.