価値ある上質なエッセンスを取り入れ、心豊かな人生を。

Japan Brand Collection

嗜好を彩る 神奈川県 首都圏

吉川醸造株式会社

更新日:

HOME > 嗜好を彩る > 吉川醸造株式会社

HOME > 神奈川県 > 吉川醸造株式会社

吉川醸造きっかわじょうぞう株式会社

丹沢大山の“雨降り”の地で醸す
硬水を用いた新しい日本酒

 麓が晴れた日にも山頂は霧や霞で覆われることが多く、古来より雨降山(あふりやま)と呼ばれてきた丹沢大山。〈吉川醸造〉は、この雨降山の地層に濾過されて澄み切った地下伏流水を三本の井戸から汲み上げ酒を醸す。雨降山の伏流水は全国でも珍しい「硬水」で、カルシウムやマグネシウムといったミネラルを豊富に含み、酒造においては醪(もろみ)の上質な発酵を促進することから“水の授かりもの”と呼称される希少な水だ。

 大正元年創業の吉川醸造は、「菊勇」の銘柄で愛されてきた酒蔵で、孤高の醸造学者と呼ばれた故杉山晋朔博士の教えを受けた全国でも数少ない酒蔵であることも特長だ。杉山博士の醸造理念に基づいた、人の手による酒造りの極みを追求した先代杜氏に続き、7代目となる現杜氏・水野雅則氏は、吟醸系や純米系の繊細で芳醇な酒造りを得意とし、新旧の技術を織り交ぜ醸す酒には芯がある。

 そして2021年の誕生以来、国内外で大きな話題を集めるのが新ブランド「雨降(AFURI)」である。開発の軸となったのは、米を削るほど高級酒であるという既成概念に対し、米をほとんど削らない—米を捨てず、無駄にしない酒造りという発想だ。極めて低い温度で時間をかけて醪を発酵させることで、米の外皮に由来する雑味が出づらいということを解明。時間と手間をかけ、低精白でもきれいでなおかつ米に含まれるすべての要素を味と香りに変換することを可能としたのが、この「雨降」だ。

 アルコール度数控えめで、花から抽出した酵母を用いた「純米おはなさけ」等の新タイプは、“酒は男性のもの”という枠を取り払い、女性や日本酒が苦手な方からも支持される日本酒の新しい顧客層を切り開いた。他にも杉山博士が提唱した醸造理念と現代の技術が融合した純米酒や古酒等、嗜好に合わせた様々な飲み口が揃っているので、雨の恵みと蔵人の技がもたらす至福の酒をぜひともお試しいただきたい。

店舗情報

吉川醸造株式会社

住所 神奈川県伊勢原市神戸681
電話番号 0463-95-3071
営業時間 8:30〜12:00、13:00〜16:30
定休日 日曜日、祝日
ホームページ https://kikkawa-jozo.com/

-嗜好を彩る, 神奈川県, 首都圏
-

Copyright© Japan Brand Collection , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.