価値ある上質なエッセンスを取り入れ、心豊かな人生を。

Japan Brand Collection

プレミアム食ブランド 愛知県 東海

名古屋コーチン 一般社団法人名古屋コーチン協会

更新日:

HOME > プレミアム食ブランド > 名古屋コーチン 一般社団法人名古屋コーチン協会

HOME > 愛知県 > 名古屋コーチン 一般社団法人名古屋コーチン協会

名古屋コーチン
一般社団法人名古屋コーチン協会

尾張の藩士が心血を注いで作り出し
その血統を守り続けるブランド鶏

 日本三大地鶏としてまず名前が挙がるのが今回ご紹介する〈名古屋コーチン〉である。ブランド鶏として養鶏界のトップを走る食材だ。

 その歴史は明治時代まで遡る。尾張藩の藩士であった海部壮平と弟の正秀が、禄を失ったことから養鶏業で生計を立てるため、中国から輸入されたバフコーチンと尾張の地鶏を交配して、「粗食に強く、今までになかった美味しい鶏」を作り出そうと尽力する。心血を注ぎ失敗を繰り返しながらも、柔らかくジューシーな肉質を実現することに成功。さらに黄身が大きく濃い卵は栄養価も高く、「海部鶏」もしくは「薄毛」と呼ばれ人気を博した。その後は海部兄弟から愛知県が品種改良を引き継ぎ、さらなる美味しさを追求。明治38年には“国産実用品種第一号”に認定された歴史ある品種である。昭和に入ると外国種の輸入で羽数が減少したが、昔ながらの美味しい鶏肉に注目が集まり、純血統の〈名古屋コーチン〉は高級食材として流通するようになった。

 現在も愛知県では純粋種を守りながら、新たな〈名古屋コーチン〉の肉質や卵生産能力の向上のための改良を行い、ヒナ鶏の安定供給も行なっている。生産農家はそれぞれが拘りの飼料を与え、平飼いを行ない、更には鶏舎内の環境(光・音・温度・湿度)に配慮しながら、一般的なブロイラーに比べ2・5倍もの時間を掛けて、丁寧にこのブランド鶏を飼育している。

 平成21年に「一般社団法人名古屋コーチン協会」が設立され、各組合や生産者が協力して、〈名古屋コーチン〉の血統・規格を守り、信頼確保と普及促進活動を行なっている。「3月10日を名古屋コーチンの日」とし、消費者との交流会や各種イベントでPR活動を行なっている。

店舗情報

一般社団法人名古屋コーチン協会

住所 愛知県名古屋市中区丸の内3-4-10 大津橋ビル4F
電話番号 052-951-7510
営業時間 9:00〜17:00
定休日 土曜日、日曜日、祝日、年末年始
ホームページ https://nagoya-cochin.jp/

-プレミアム食ブランド, 愛知県, 東海

Copyright© Japan Brand Collection , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.