価値ある上質なエッセンスを取り入れ、心豊かな人生を。

Japan Brand Collection

未確認

“世界一の靴磨き職人”がシューケア法を伝授! vol.2

更新日:

Japan Brand Collection

Shoe Care

Special Contents

“世界一の靴磨き職人”が
シューケア法を伝授! vol.2

〜 今回のコラム 〜

- 大切な靴を長持ちさせるための保管方法 -
大切な靴を
10年美しく履き続けるために【前編】
Brift H
代表

長谷川 裕也

Japan Brand Collection 掲載歴

東京版 2020

代表の紹介

1984年千葉県生まれ。相場の4倍の料金でありながら客が殺到する靴磨き店「Brift H」(ブリフト アッシュ)の代表であり、2017年にイタリアで開催された靴磨きの世界大会「第1回靴磨き世界選手権」で優勝した経験を持つ靴磨き職人。「世界の足元に革命を」をモットーに、まずは日本中の人たちを足元から元気にしていくため日々奮闘している。著書に「靴磨きの本~THE SHOE SHINE BOOK~」、「自分が変わる 靴磨きの習慣」。

「足元から日本を元気にしたい」――そんな想いを抱き、世界一の靴磨き職人として日々、愛情をもって靴を磨き続ける長谷川裕也氏。曰く、「靴は、靴箱にしまい込んでしまうのが一番NGです」とのこと。

今回は、靴磨きの伝道師として活躍する長谷川氏に、大切な靴を長持ちさせるための保管方法について教えていただきました。

お気に入りの靴は3足をローテーションで愉しんで

 

日々のシューケア(靴磨き)以外に、靴を長持ちさせるための大きなポイントがもう1つあります。それは「同じ靴を毎日履かないこと」です。1日履いた後は必ず2日は風通しの良い日陰で休ませましょう(一晩置いた後、型崩れを防ぐため靴の中にシューツリーまたはシューキーパーをセットし、靴用ブラシでほこりを落としておきます)。

そのためにはお気に入りの靴を3足用意し、例えば日曜休みの人なら、月曜から土曜までの6日間で2巡させるように3足をローテーションで履き、日曜は3足全てを休ませて運動靴などで過ごしましょう。

月初に履き始めるとちょうど月末に3足を810回ずつ履いたことになりますので、そこでまとめて磨き上げます(靴磨きの方法は、【前編・自宅でできる靴のお手入れ】をご参照ください)。このとき、もし靴用ブラシやクリーナーでは落ちない汚れや傷に気付いたら、早めに靴のメンテナンスをプロに依頼することで、靴の寿命を永らえることができます。

保管は“3を避けるのが鉄則

 

新型コロナウィルスの感染対策として厚生労働省が推奨してきた“3(密集、密閉、密接)は、靴の保管にも当てはまります。

ご家庭の玄関には扉がついた「靴箱」があることが多いと思いますが、履いた靴を湿気たまま収納して扉を閉め切ってしまうと、カビが生えてしまったり、雑菌が繁殖して臭くなってしまったりする原因になりかねません。そうならないよう、扉を取り払うか常に開け放ち、風通しを良くしておきましょう(除湿剤を設置するのもおすすめです)。理想的な靴の置き場所は「靴箱」ではなく、棚板だけの「靴棚」です。

なお、収納する際は、湿気で靴が反り返って(つま先が上がって)しまうのを防ぐために、シューツリー(木製)またはシューキーパー(プラスチック製)を靴の中に入れておきましょう。

「たかが靴磨き、されど靴磨き」……足元が輝けば人生が輝く

 

「靴磨き」と聞くと、戦後の貧しい時代に道端で行われていた光景を思い浮かべる人がまだまだ多いかもしれません。

しかし、想像してみてください。キレイな靴を履くと、気持ちも行動も変わります。ピカピカの靴を履くと背筋がピンと伸びて自信ややる気が湧いてきませんか。

私はその事実に気付いたとき、「歩いている人の靴が皆ピカピカだったら、日本が元気になるはず。靴磨きを通して、日本の足元から革命を起こせるのではないか」と考えるようになりました。

「たかが靴磨き、されど靴磨き」。私は靴をキレイにするという小さなことで、人生が変わると信じています。これからも、足元から色々な良いことを伝えていきたいですね。

皆さんも是非、ご自分が愛用する靴をキレイにするという小さな行動から、人生が良い方向に変わっていくことを実感してくださいね。

-未確認

Copyright© Japan Brand Collection , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.