価値ある上質なエッセンスを取り入れ、心豊かな人生を。

Japan Brand Collection

プレミアム食ブランド 北関東 群馬県

川場村こしひかり 雪ほたか 株式会社 雪ほたか

更新日:

HOME > プレミアム食ブランド > 川場村こしひかり 雪ほたか 株式会社 雪ほたか

HOME > 群馬県 > 川場村こしひかり 雪ほたか 株式会社 雪ほたか

川場村こしひかり 雪ほたか
株式会社 雪ほたか

雪解け水と恵まれた土壌
皇室も認めた“幻の米”

 熱い思いを語るのは、株式会社 雪ほたか代表取締役 小林 政幸氏である。小林氏が食卓の健康を願い、群馬県川場村で作っているのは、こしひかり〈雪ほたか〉。米の銘柄として馴染みがないと思われる方も多いだろう。それもそのはず、〈雪ほたか〉は一般流通はせず、宮中において天皇・皇后陛下の拝謁を許された「皇室献上米」であった。つまり、少し前までは“幻の米”だったのだ。

 〈雪ほたか〉の歴史は古く、弥生時代まで遡る。川場村で発掘された土器に米が付着しており紀元前より米づくりを行っていたことが推測される。その後、沼田城を治めた真田一族・真田昌幸により、川場村の水田は飛躍的に整備され、農作物に水を供給するための用水路が完成した。この用水路は現在も川場村の田を潤している。

 近年では「米・食味分析鑑定コンクール国際大会」において通算12回金賞受賞。さらには「お米日本一コンテスト」でも最高金賞を獲得、文字通り「日本一の米」に選ばれている。そんな〈雪ほたか〉の美味しさの秘密を紐解いていこう。まずは「良質な雪解け水」である。ミネラル豊富な日本百名山武尊山の雪解け水が流れ出し良質な水がたゆたゆと田に届けられる。そして生産者こだわりの「土づくり」だ。水田の徹底した土壌検定を行い、必要な養分を補給して窒素肥料を極力減らしている。完熟の良質な堆肥のみを使い、藁は積雪の前にすき込むという手作業を惜しまない。伝統的な減肥栽培を守り、さらに努力を重ねている。減肥栽培は実りが少ないというリスクがあるが、恐れず品質第一に量より質を目指しているのだ。

 皇室も認めた、幻の米〈雪ほたか〉を、是非ご賞味いただきたい。美味しさとともに生産者の思いが届くような、至福の時間を過ごせるはずである。

店舗情報

株式会社 雪ほたか

住所 群馬県利根郡川場村大字生品2670
電話番号 0278-25-3331
営業時間 9:00〜17:00
定休日 土曜日、日曜日、祝日
ホームページ http://www.yukihotaka.jp/

-プレミアム食ブランド, 北関東, 群馬県

Copyright© Japan Brand Collection , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.