価値ある上質なエッセンスを取り入れ、心豊かな人生を。

Japan Brand Collection

山陰・山陽 高級ギフト 鳥取県

株式会社 米吾

更新日:

HOME > 高級ギフト > 株式会社 米吾

HOME > 鳥取県 > 株式会社 米吾

株式会社 米吾こめご

三百年の歴史を背景に、時代に歓迎される味を提供
老舗が手掛ける伝統の鯖鮓

 まろやかな旨みを持つプリっとした〆鯖が、ほど良い酸味の酢飯と合わさって、一口食べれば、止まらない、忘れられない至福の味わいで全国のファンを魅了する「吾左衛門鮓」。山陰を代表するこの名物駅弁を手掛ける〈株式会社 米吾(こめご)〉のルーツは、江戸時代に米子で米屋と廻船問屋を営んだ「米屋」にまで遡る。

 米屋は明治時代には著名な文人墨客も訪れる料理旅館としてその名を馳せ、地域初の鉄道開通の際には惜しみなく支援し、鉄道局から功労者として駅弁の販売を許可される。時は明治35年、屋号を「米吾」に改め“エー、弁当〜。ベントー、ビールにサイダー”という名調子と共に販売される駅弁の販売が盛況となり、十年後の明治45年には、より美味しい弁当製造に精進すべく駅弁製造を専門とする業態へと転換した。

 現在の「吾左衛門鮓」が形を成したのは、昭和54年。10代目店主・内田健二郎氏が過去文献から、「米屋」の五代目・五左衛門夫婦が、船子と呼ばれる船員に持たせた寿司の記述を発見する。〆鯖と酢飯をワカメで巻き、竹皮で包んで日持ちがするように。航海の安全と船子の無事を祈った弁当をヒントに、4年の歳月をかけて生み出されたのが、この「吾左衛門鮓」だ。

 米は地元の鳥取産。その日の温度・湿度により水分調整をこまめに施し炊き上げる。真鯖は国内で獲れた600g以上の肉厚の脂がのった寒鯖を厳選し、漁獲した領域や時間まで確かめてから仕入れることもこだわりだ。製品は鮮度を保つためにマイナス60度で急速凍結され、出荷する前に解凍するが、この解凍時にグルタミン酸やアミノ酸等、鮓種の旨みが増えることを発見。鮓の表面と中心部の温度差が少なくなるように解凍温度と時間に変化を持たせ熟成解凍することで、酸味がなじんで生臭さの少ない、まろやかな美味しさが実現されている。

 高級ギフト用からご自宅用まで。鯖の他にも、豊富な種類が揃っているので、三百年の時が生んだ名品をぜひ味わっていただきたい。

店舗情報

株式会社 米吾

住所 鳥取県米子市奈喜良248-4
電話番号 0859-26-1511(代表)
0120-535-474(通販フリーダイヤル)
営業時間 9:00~18:00(通販受付時間)
定休日 年中無休
ホームページ https://www.komego.co.jp
※商品価格は全て税込価格になります

-山陰・山陽, 高級ギフト, 鳥取県

Copyright© Japan Brand Collection , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.