価値ある上質なエッセンスを取り入れ、心豊かな人生を。

Japan Brand Collection

東京都 首都圏 高級ギフト

榮太樓總本鋪

更新日:

HOME > 東京都 > 榮太樓總本鋪

HOME > 高級ギフト > 榮太樓總本鋪

榮太樓總本鋪えいたろうそうほんぽ

古いもの、新しいものが共存
昔懐かしく、そして新しい菓子

 江戸時代、日本橋の魚河岸に集まる人々の人気といえば、病身の父を助ける孝行息子・栄太郎の焼く大きな金鍔。この小さな屋台は日本橋の一角に暖簾を構えることとなり、自身の幼名にちなんだ“榮太樓”を屋号に据える。それがご紹介する<榮太樓總本鋪>の成り立ちである。

 2018年で創業200年を迎えた同店の店先には、江戸時代のままの「名代金鍔」が、約170年という年月を経てなお、その製法を変えずに並ぶ。伝統を守り続ける一方で、江戸の庶民には高価だった南蛮渡来の菓子・有平糖をもっと気軽にと、創意工夫から誕生した「梅ぼ志飴」、日本初の甘納豆「甘名納糖」、世界初となるわさび菓子「玉だれ」等、同店の歴史は、常に新しいものを生み出そうとする職人たちの挑戦の歴史でもある。

 洒落好きの江戸っ子たちが名付け親の「梅ぼ志飴」が水飴と砂糖と水のみで作られた江戸時代の製法を受け継ぐ一方で、黒飴、抹茶飴、紅茶飴が考案され、平成には、のど飴とフルーツキャンディ「果汁飴」、現在では最新の飴ワールドを展開するブランド『Ameya Eitaro』も展開するなど、古き良き江戸の味と、常に新しい味覚を求めて挑戦を続ける<榮太樓總本鋪>の精神を、榮太樓飴からもうかがい知ることができる。

 紺藍地に屋号が白抜きされた暖簾が印象的な日本橋本店は、喫茶室も併設され、甘味やお食事をお愉しみいただける。飴、生菓子、半生、焼菓子、みつ豆、米菓などを扱い、「温故知新」を尊ぶ社風から、製造現場では最新機械だけでなく昔ながらの技術、設備も今なお現役で稼働している。

 江戸と現代。古き良き、そして常に新しい<榮太樓總本鋪>のお菓子を、是非一度。

店舗情報

日本橋本店

住所 東京都中央区日本橋1-2-5
電話番号 03-3271-7785
営業時間 9:30~18:00
定休日 日曜日、祝日
ホームページ http://www.eitaro.com

-東京都, 首都圏, 高級ギフト

Copyright© Japan Brand Collection , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.