価値ある上質なエッセンスを取り入れ、心豊かな人生を。

Japan Brand Collection

滋賀県 近畿 高級ギフト

走り井餅本家

更新日:

HOME > 滋賀県 > 走り井餅本家

HOME > 高級ギフト > 走り井餅本家

走り井餅本家

歌人も詠んだ逢坂の地で
東海道大名物を今に伝える老舗菓子店

 「これやこの 行くも帰るも 別れては 知るも知らぬも 逢坂(あふさか)の関」小倉百人一首、第10番、蝉丸が詠うこの歌の舞台でもある逢坂山・追分は、かつて京の都の玄関口として、東海道をゆく多くの旅人で賑わったという。江戸時代の頃には周囲に茶店が建ち並び、旅人達の休息の地となった。付近には、清らかな水が勢いよくあふれ出す「走井(はしりい)」と呼ばれる井戸があり、その甘露と近江の米でつきあげた大津追分「走り井餅」が東海道大名物となり、旅人達の空腹を補うとともに重要なエネルギー源となり、旅の疲れを癒してきた。

 明和元年(1764)、十代将軍徳川家治の頃から逢坂の地で長く親しまれる銘菓となった「走り井餅」の製法は、現在では茶屋こそ姿を消したものの、走井市郎右衛門の末裔である片岡家に伝承され、〈走り井餅本家〉において商標とともにその味と技術を守り続け、今に伝える。清少納言の枕草子にも書かれたという走り井の名水と近江の米でつきあげた餅の中に餡を包み込み、走り井餅の形は、ほとばしる水滴を表したものだった。

 第23回全国菓子大博覧会 名誉総裁賞受賞、上品さの中に温かみのある「東海道大名物走り井餅」をあなたにも是非ご賞味いただきたい。また、琵琶湖に浮かぶ船をイメージしたびわ湖銘菓「湖舟」も、ここ〈走り井餅本家〉の人気商品。情感と郷愁を誘う風物詩「湖の舟」、その詩情溢れる姿を写しとり、一舟ひと舟心を込めて丹念に焼きあげた、パリパリの歯ごたえが香ばしく病みつきになる逸品だ。逢坂の伝統の味をどうぞあなたも。

店舗情報

井筒八ッ橋本舗 追分店

住所 滋賀県大津市横木1-3-3
電話番号 077-528-2121
営業時間 9:00~18.00
定休日 年中無休
ホームページ http://www.hashiriimochi.co.jp/

-滋賀県, 近畿, 高級ギフト

Copyright© Japan Brand Collection , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.