価値ある上質なエッセンスを取り入れ、心豊かな人生を。

Japan Brand Collection

大阪府 宝石・時計・ファッション 近畿

Sartor Resartus 1971

更新日:

HOME > 大阪府 > Sartor Resartus 1971

HOME > 宝石・時計・ファッション > Sartor Resartus 1971

Sartor Resartus 1971
サルトル リサルタス

英国エレガンスとイタリア仕込みの仕立て術
最高のビスポークスーツを大阪から

 ご紹介する〈S‌a‌r‌t‌o‌r‌ ‌R‌e‌s‌a‌r‌t‌u‌s (サルトル リサルタス)1‌9‌7‌1〉は、大阪市西天満の大正レトロ建築「大江ビルヂング」の地下にひっそりと。完全予約制の隠れ家的ビスポークオーダーサロンだ。

 店主の荒川博章氏は、スーツの聖地とも呼ばれる英国ロンドンのサヴィル・ロウでの見習い修行からスタートし、エリザベス女王のドレスを仕立てたことで有名な「H‌a‌r‌d‌y‌ ‌A‌m‌i‌e‌s」、世界中の王族・貴族が顧客の「K‌i‌l‌g‌o‌u‌r」にてコートメイカーとして、ジャケット・コートなどを専門に担当。その後、世界中から仕立て職人が集まるイタリアのナポリで、世界最高峰のスーツブランドとしてその名を知られる「K‌i‌t‌o‌n」での修行を重ね、帰国。さらに東京で研磨を経た後、まさに満を持して2‌0‌1‌8年にサロンをオープンさせた。

 荒川氏の仕立てるスーツは、英国的エレガンスを継承すると同時に、ナポリ仕立ての柔らかく羽織るような着心地を追求。ぬくもりを感じる仕上がりを常に目指しつつ、「愛着を持っていただける衣装と一生お付き合い頂きたい」との衣装哲学—S‌a‌r‌t‌o‌r‌ ‌R‌e‌s‌a‌r‌t‌u‌sが貫かれている。

 店内の棚には、イギリス・イタリアをはじめ本人が直接海外で買い付けたヴィンテージ生地が揃い、他では見当たらない珍しい生地や一点ものが豊富に揃い、荒川氏本人がカッティングからテーラリングまで全てを担う。お客様のお仕事やプライベートの趣味、着用する場面や好みなどを対話によって引き出しながら、仕立てに反映させていく。一着一着型紙を作成し、仮縫いを2〜3度行う。約9割を伝統的なハンドメイドで仕上げていくその工程一つひとつに、まさにビスポークの醍醐味が宿っている。

 お客様の想い、好みをダイレクトに反映させる一着を。そして、お客様に装う楽しさを再発見していただくビスポーク体験を。〈サルトル リサルタス〉の顧客帳にぜひともあなたのお名前を加えていただきたい。

店舗情報

Sartor Resartus 1971

住所 大阪府大阪市北区西天満2-8-1
大江ビルヂングB3

電話番号 06-6361-4288

営業時間 10:00〜19:00

定休日 日曜・祝日 第1・3水曜日

ホームページ https://sartorresartus1971.co.jp/

-大阪府, 宝石・時計・ファッション, 近畿
-

Copyright© Japan Brand Collection , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.