価値ある上質なエッセンスを取り入れ、心豊かな人生を。

Japan Brand Collection

厳選調味料 奈良県 近畿

御門米飴 砂糖傳増尾商店

更新日:

HOME > 厳選調味料 > 御門米飴 砂糖傳増尾商店

HOME > 奈良県 > 御門米飴 砂糖傳増尾商店

御門米飴
砂糖傳増尾商店

160余年の歴史を守り続ける老舗
甘味に携わってきた目利きが薦める厳選素材

 安政元年(1854年)、奈良県の元興寺町で大和名産茶の店を営む増尾傅次郎という商人がいた。彼は茶の味を広めるために船で木津川を下り、大阪や堺の町で行商をした。帰りに空になった船に、当時の貴重品であった沖縄の黒糖や阿波の和三盆等を積み帰り、商いをしたという。まだ砂糖が珍しい時代であり、町人たちは親しみを込めて、砂糖屋の傅次郎を“砂糖傅”と呼んだそうだ。甘味の美味しさを伝え広めた伝説の砂糖商・傅次郎の思いを伝承し、創業から歴史を守り続ける「砂糖傳増尾商店」では、目利きが厳選した砂糖を使った珠玉の味わいが愉しめる。

 看板商品〈御門米飴〉は、国産米を麦芽で糖化した古来の製法でつくられた水飴。名前の由来は、東大寺の長老・故 清水公照師が「子どもの頃から水飴が好きだったが美味い水飴がなくなった」と嘆いていると耳にして、店主が米飴を届けたところ、非常に喜ばれ「壷に入れて広めれば奈良らしい土産になる」と、その場で命名〈御門米飴〉と書き記したという実話に基づくものだ。

 また添加物を一切使用せず、手間暇かけた職人の技が光るコクとうまみで、ビタミンB2やミネラルも豊富で健康食品や砂糖代わりの甘味料としてもお薦めだ。贈答品としても評価が高く、モノづくり文化の中から奈良らしさがある高品質な商品に与えられる“奈良の贈り物認定”を受けている。さらに同店オリジナルの金平糖“奈良こんふぇいと”は、2週間を要するという昔ながらの製法で、丹念に作り上げられる懐かしさを感じる愛らしい人気商品。

 砂糖をメインに、小麦粉やオリゴ糖等、糖化製品をはじめとした、菓子の原材料を和洋菓子店やレストランにも卸し、食のプロが認め厚く信頼されている「砂糖傳増尾商店」が販売する甘味をご家庭でも愉しんでみてはいかがだろう。

店舗情報

住所 奈良県奈良市元興寺町10
営業時間 9:00~18:00
定休日 年末年始
ホームページ https://satouden.com/

商品情報

問い合わせ電話番号 0742-26-2307
賞味期限 製造から1年(御門米飴)
配送形態 宅配便
配送料について お問い合わせください
お届け可能地域 全国

-厳選調味料, 奈良県, 近畿

Copyright© Japan Brand Collection , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.