価値ある上質なエッセンスを取り入れ、心豊かな人生を。

Japan Brand Collection

プレミアムキッチンツール 新潟県 甲信越

燕物産 株式会社

更新日:

HOME > プレミアムキッチンツール > 燕物産 株式会社

HOME > 新潟県 > 燕物産 株式会社

燕物産 株式会社

金属洋食器をつくり続けて111年
一流ホテル御用達、“Made in 燕”のカトラリー

 ご紹介の〈燕物産 株式会社〉は、2022年4月に、金属洋食器を製造して111年目を迎えた日本初の金属洋食器専門メーカーである。その始まりは、宝暦元年(1751年)に初代となる捧(ささげ)吉右衛門氏が開業した金物店から。創業からは、270年を数える老舗である。代々金物商を営み、明治44年(1911年)に、銀座十一屋商店から高級洋食器の製造を受注したことがきっかけとなり、金属洋食器の製造を始める。また同時にそれは、燕市の金属洋食器産業の礎となった。

 明治の頃から次第に食べられるようになった洋食。昭和に入ると洋食レストランも多くなり、それと共にナイフとフォークとスプーンの需要も増え、ホテルやレストランをはじめ、街の飲食店、多くの一般家庭にも浸透してゆく。ご紹介している製品をお店や家で使ったこと、あるいは使っているという方も多いだろう。

 全国の一流ホテルや老舗レストランなどで人気があるのは「月桂樹」といった柄に模様のあるカトラリー。また、スタイリッシュな店舗では、シャープな形状や、シンプルなデザインが人気だという。これから飲食店を始めようとお考えの方や、カトラリーを新調する際には、ぜひホームページをご確認いただきたい。OEM製品の受注も受けているので、オリジナルのカトラリーで揃えるのも素敵だ。

 また最近では、新聞をはじめとする様々な方面のメディア取材や、人気のTVドラマ、情報番組などに製品提供を行う機会が増え、“ものづくり”を発信している企業でもある。

 平安時代には「匙(さじ)」と呼ばれて存在した金属製のスプーン。〈燕物産 株式会社〉は、「匙屋に徹す」を企業理念に、金属洋食器製造業界への貢献を図りながら次の100年に向け、さらに愛される製品をつくり続けてゆく。

店舗情報

燕物産 株式会社

住所 新潟県燕市小池3501
電話番号 0256-63-6511
営業時間 9:00~17:00
定休日 土曜日、日曜日、祝日
ホームページ https://www.tbcljp.com

-プレミアムキッチンツール, 新潟県, 甲信越
-

Copyright© Japan Brand Collection , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.