価値ある上質なエッセンスを取り入れ、心豊かな人生を。

Japan Brand Collection

嗜好を彩る 東北 福島県

神楽工房はしもと

更新日:

HOME > 嗜好を彩る > 神楽工房はしもと

HOME > 福島県 > 神楽工房はしもと

神楽工房はしもと

文化財を後世へ伝える修復と
伝統技術を活かした製品を創作する

 創業以来5代、約130年続く橋本仏具彫刻店から、修復業に特化するために作られた〈神楽工房はしもと〉。工房主の橋本篤氏は、文化財や伝統芸能で使用されるお面、獅子頭、山車等の修復に関する技術をはじめ、漆塗りや箔押しの技術を継承する人物である。

 同工房が修復するものは、神楽や太々神楽の面や獅子頭等、無形民俗文化財として登録されたものが多い。その他にも、山車や寺の寺額、神社の神額等の修復も行う。塗装を剥がす時には、過去の塗膜や塗装方法を詳細に記録してゆき、新しく塗り直す際にも、可能な限り昔の仕上げ方を再現する。部分修復する際には、修復箇所が色の違いで違和感が出ないように、あえて汚れを加えることもあり、その修復技術は極めて高度なものだ。

 また橋本氏は、 “祭りはふるさとそのもの”と捉え、修復を通じて、祭りや文化・信仰を通じた伝統の継承と、伝統芸能に関わる地域の方々の笑顔に貢献し、ふるさとの魅力を次世代に繋げていきたいという想いを大切にしている。さらに、先人の想い乗せた道具を出来るだけ長く使用して、次の世代に遺していけるようにと、道具の扱い方や管理・保管方法等の指導にも尽力している。

 橋本氏は他にも、「篤工房〜とくこうぼう」という革製品ブランドを展開し、その製造・販売を行っている。これは、甲冑を作製する漆の伝統技法「漆革(しっぴ)」と、獅子頭の目や歯を金箔仕上げにする「箔押し」を活かしたもの。革本来の質感を残しながら、色漆を染料にして革に塗り込み、金箔やプラチナ箔をあしらう。それらは、革や箔の蒔き方により同じものはない一点もの。篤工房のウェブサイトの他、リュクレ石沢と、お宿花かんざしでもお求めいただける。

 神楽工房はしもとは、日本の伝統技術を守りながら、古の文化財を次の世代に引き渡し、篤工房で“新しき”を創作している。

店舗情報

神楽工房はしもと

住所 福島県二本松市竹田1-167
電話番号 0243-24-5282
営業時間 9:00~18:00
定休日 不定休
ホームページ https://kagura-koubou.com

-嗜好を彩る, 東北, 福島県

Copyright© Japan Brand Collection , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.