価値ある上質なエッセンスを取り入れ、心豊かな人生を。

Japan Brand Collection

厳選調味料 四国 高知県

田野屋塩二郎の塩 匠の食卓株式会社

更新日:

HOME > 厳選調味料 > 田野屋塩二郎の塩 匠の食卓株式会社

HOME > 高知県 > 田野屋塩二郎の塩 匠の食卓株式会社

田野屋塩二郎の塩たのやえんじろう
匠の食卓株式会社

塩の出来上がりを自在にコントロールし
オーダーメイドでつくる“完全天日塩”

 職人とは、手先の技術によって物を製作することを職業とする人|(広辞苑より)。

 世の中には、職人と呼ばれる人はたくさんいるが、ご紹介するのは高知県田野町にて、〈田野屋塩二郎〉の屋号を掲げ、塩づくりを行っている佐藤京二郎氏。世界でも数人しかいないという“完全天日塩”をつくる塩職人だ。“完全天日塩”とは、太陽の光と潮風の力だけでつくる塩のこと。木箱に入れた海水が塩の結晶になるまで、日に何度も攪拌する。

 サーフィンが趣味だった佐藤氏は、サーフショップの経営をしていたが、30代半ばになった頃、「人生で仕事が出来るのは70歳まで。残りの人生は何か他の仕事を極めよう」と考えるようになり、サーフィンが出来る海の近くで、道を極めるために、日本一の職人の下で修行をしようと、高知県黒潮町で“完全天日塩”をつくる吉田猛氏に師事。2年の修行の後に独立を決意し、塩づくりのために土地を探したところ、貸してくれたのが田野町だった。独立の際に師匠の吉田氏から送られたのが屋号となる〈田野屋塩二郎〉の名前だ。

 塩を“自在にコントロール出来る”ようになり、独立して約10年の間につくった塩は2,000種を超え、現在つくっている塩もほとんどがオーダー品である。1つの木箱で依頼された塩をつくり、木箱が空けば順番待ちの先頭にある塩づくりが始まる。3つのビニールハウスには300の木箱があり、全て依頼内容の違う塩をつくっているのだという。

 匠の食卓株式会社は、佐藤京二郎氏がつくる〈田野屋塩二郎の塩〉に惚れ込み、もっと多くの人々に知ってもらいたいとの想いから、この塩を紹介している。

 今までは、一部のシェフしか手に入れられなかった〈田野屋塩二郎の塩〉。現在はウェブサイトからどなたでも購入できるので、ぜひ訪れていただきたい。

店舗情報

住所 高知県高知市北竹島317
営業時間 10:00〜17:00
定休日 土曜日、日曜日、祝日
ホームページ https://www.takumi-shokutaku.jp

商品情報

問い合わせ電話番号 088-855-3877
賞味期限 個々に記載
配送料について 送料別
お届け可能地域 全国

-厳選調味料, 四国, 高知県

Copyright© Japan Brand Collection , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.