価値ある上質なエッセンスを取り入れ、心豊かな人生を。

Japan Brand Collection

Special Contents

日本宝石特許鑑定協会 代表・工藤氏に聞く!vol.2

更新日:

Japan Brand Collection

Asset Management

Special Contents

日本宝石特許鑑定協会
代表・工藤氏に聞く!vol.2

〜 今回のコラム 〜

- 利益を生む宝石投資の実践方法 -
資産としての価値が高まる
「宝石投資」とは?【後編】
日本宝石特許鑑定協会
代表

工藤 直一

〜 Japan Brand Collection 掲載歴 〜

茨城版 2017/2018
PREMIUM BRIDAL SELECTION 2020

〜 代表の紹介 〜

幼少期から目の不自由な父が海外から持ち帰る宝石や美術品に触れて育つうち、宝石について独学で知見を深め、二十歳の頃までには宝石の街・御徒町で修業。東京・日本橋で約 10 年間宝石の鑑定会社を営みながら、「もっと多くの人に宝石の魅力を伝えたい」との想いで 2008 年に宝飾店「KLANKA(ケーランカ)」をオープン。現在、東京・銀座のほか、茨城・つくば市と土浦市にも店舗を構え、宝石鑑定会社も経営する傍ら、テレビ局からの依頼で宝石についてのコメンテーターや宝石番組の監修にも携わっている。

 ダイヤモンドもカラーストーンも、価値を見極めて投資をすることで大きな利益が期待できます。

 今回は、日本宝石特許鑑定協会の代表であり宝石投資に造詣の深いKLANKA代表 工藤直一氏に、資産価値を高め利益を得るための「宝石投資」のポイントを伺いました。

■投資に最適なのは、レーザー刻印があるダイヤモンド

 

宝石に関する専門的な知識がなければ、ダイヤモンドの品質が高いか低いか以前に、ガラスかキュービックジルコニアかすら判別することは難しいでしょう(そのために我々のような鑑定機関があるわけです)。

ただしダイヤモンドの中には、横から見たときに最も幅のある部分(ガードル)に鑑定書番号などをレーザーで刻印したものがあり、これを見れば専門知識がなくても鑑定所番号や鑑定した機関などの情報が分かります。

このレーザー刻印があるダイヤモンドは価値への信頼度が厚くなり、ダイヤモンドや鑑定書を複数持っていても取り違えを防止できるといったメリットがあります。

そして何より、レーザー刻印があるダイヤモンドは殆どがハイグレードなものなので、間違いなく換金性が高く、投資対象になるダイヤモンドと言えるでしょう。

■ダイヤモンドは"4C"と呼ばれる品質評価国際基準で評価される

 

天然鉱物であるダイヤモンドは、カラット(重さ)、カラー(色)、クラリティ(透明度)、カット(プロポーション)をそれぞれ測定した「4C」の度合いが国際的に統一された評価基準となっており、世界中のダイヤモンド取引における価値や相場などの目安として使用されています。

世界最高峰のダイヤモンドは1つで数十億円しますから、1カラット0.2gで換算すると、手のひらに数十億が載るという想像もつかないような資産になります。
そこまで高価なものでなくとも、グレードによって細かな手数料が厳密に決められており、本来の宝石商の仕事はその手数料で成り立っています。

ただし【前編】でお話しした通り、取引所からお客様の手に届くまでにダイヤモンドの小売価格は3~4倍になると言われていますので、例えば100万円で仕入れたものが400万円で売られていて、それを購入後に換金したら100万円だった……なんて、やはり寂しいですよね。
ですからやはり、最初に鑑定機関で一緒に手数料を決めていただいてから売買するのがベターではないでしょうか。

■宝石投資で利益を得たいなら、信頼のおける、価値がわかる鑑定機関に相談を

 

ピンクやブルーといったカラーダイヤモンドは、希少性の高さもさることながら、研磨によって熱がかかると色が飛んでしまうため加工が非常に難しいことから、「レアストーン」と呼ばれて高価な価格がつけられます。

とは言えやはり、素人が見てもその価値は分かりづらいもの。しかし例えば、世界的に著名なオークションで5億、10億といった高額な価格がつけられた宝石は、つまり富裕層と鑑定家がお墨付きを出しているものであり、歴史がその価値を証明していると言えるでしょう。

車や建物などはメーカーが金額を決めますが、それに似た商品が登場したり性能が下がったりすると価値が下がり、価格も下がってしまいます。またメンテナンスの手間や維持費がかかる上、税金もかかります。
その点、ダイヤモンドなどの高価な宝石は不況時でも価値が下がりにくく、所有していても税金がかからないだけでなく、むしろ将来的に価格が数倍に上がる可能性すらあるのです。

「宝石投資」で利益を得るための近道として、我々のような鑑定機関で是非、相談してみてください。Japan Brand Collectionの読者の皆様からのご相談であれば、当社は喜んで無料相談に対応させていただきます。

 次回は、「金投資」についてご紹介します。

「『金投資』基礎の基礎」に続く

-Special Contents

Copyright© Japan Brand Collection , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.